وˆگن؛؛ه‍‹staphylococcal scalded skin syndrome drmtl.org/data/ مپ‍ iiwii...

Download وˆگن؛؛ه‍‹Staphylococcal Scalded Skin Syndrome drmtl.org/data/ مپ‍ IIWII وˆگن؛؛ه‍‹ssssمپ®1ن¾‹ ه›³4 ن¸‹è…؟م‚ˆم‚ٹوژ،هڈ–مپ—مپں組織هƒڈ(H-Eوں“色)ï¼ژ角è³ھ,مپٹم‚ˆمپ³ç©ژç²’ه±¤مپ¯و¶ˆه¤±مپ™م‚‹مپŒï¼Œوœ‰ç„،

Post on 07-Jan-2020

0 views

Category:

Documents

0 download

Embed Size (px)

TRANSCRIPT

  • 日皮会誌:96 (11), 1139-1142, 1986 (昭61)

    成人型Staphylococcal Scalded Skin Syndrome (SSSS)の1例

    佐々木弘美 河村 真理

              要  旨

     77歳,男性.左肩から項部に生じた帯状庖疹の経過

    中,左側後頭部・項部・肩・胸部・上腕にかげ,弛緩

    性膿庖,水庖および廉爛,痴皮等を混じるびまん性の

    紅斑が生じ,広範囲にニコルスキー現象を認めた.前

    胸部の閉鎖性膿庖等より,黄色ブ菌が培養され,培養

    されたブ菌を新生存ネズミに注射すると,広範囲なニ

    コルスキー現象が認められた.患者の水庖は組織学的

    には,角層下水庖であり,表皮・真皮にぱ特に異常所

    見ぱみられなかった.以上の結果よりssssと診断され

    た.本症例における発症要因としては,帯状庖疹に帰

    因する細胞性免疫能の低下が推定された.本症例は,

    成人型ssssの確実例としては本邦第一例と思われ,さ

    らに現在までに報告された15例のssssとの比較検討

    を加えた.

              はじめに

     Staphylococcal scalded skin syndrome (ssss)は,

    原則的には10歳以下,特に6歳以下の小児に発症する

    疾患とされ,成人に発症することは極めて稀である.

    今回,我々は帯状庖疹部の黄色ブドウ状球菌(黄色ブ

    菌)による2次感染を,感染巣として発症したと思わ

    れる成人型ssssを経験したので,現在まで報告された

    成人型ssssと比較し,若干の考察を加え報告する.

              症  例

     患者:77歳,男性.

     初診:昭和60年9月3日.

     既往歴:昭和52年,胃潰瘍,昭和53年,腸閉塞の手

    術をうけている.

     現病歴:昭和60年8月28日左肩から項部に小水庖が

    多発し,某医にて接触性皮膚炎の診断のもと,リソデ

    ロソVG軟膏の外用と,ポララミソとグリチロソの内

    昭和大学藤が丘病院皮膚科

    Hiromi Sasaki, Mari Kawamura, Akiko Takaha-

     shi, Iwao Takiuchi :A case of staphyloccal scald-

     ed skin syndrome in an adult

    昭和61年4月2日受付,昭和61年5月21日掲載決定

    別刷請求先:(〒227)横浜市緑区藤が丘1 -30 昭和

     大学藤が丘病院皮膚科

    高橋 明子 滝内 石夫

    服の治療を受げたが,9月2日より皮疹は周囲に拡大

    し,腐爛,膿庖が多数生じてきたため,当科に紹介さ

    れ入院となった.

     現症:(図1, 2)左側後頭部・項部・肩・胸部・

    上腕にかけ,びまん性に発赤し,弛緩性の膿庖,水庖,

    腐爛,潰瘍等がおおむね集族性に混在した.左側項部

    から肩部には,帯状庖疹病巣と思われる小水庖,膿苔

    を付す潰瘍が集族して認められた.顔面では眼囲,鼻

    翼周囲,口囲等に淡紅色の紅斑を認め,少数の廉爛平

    痴皮が散在してみられた.ロ腔粘膜は正常であった.

    下肢を除くいずれの部位においても,ニコルスキー現

    象が陽性であった.

     初診時臨床検査所見:表1に示したごとく, CRP

    (舟),白血球の核の左方移動以外に著変なく,免疫グ

    ロブリン値,細胞性免疫機能検査のいずれも正常で

    あった.また,前胸部の閉鎖性眼庖の他,上腕,肩等

    の腐爛部より,黄色ブ菌を培養した.培養された黄色

    ブ菌を, Melish等の記載1)に従い,大豆trypticase

    broth中で一晩培養し,培養液を新生仔ネズミに皮下

    注射すると,約12時間後,ニコルスキー現象を生じた

    (図3).成育ネズミに同様に注射して乱ニコルスキー

    現象は陰性であった.この黄色ブ菌のphage型typing

    図1 左側項部~肩にかけて,帯状庖疹病巣に混じて,

     紅斑・腐爛・水庖・銀庖等が集族する.ばんそうこ

     う部に一致してニコルスキー現象が認められる.

  • 1140

    図2 左前胸部の病巣.

    佐々木弘美ほか

                                          ㎜・■■■■・㎜■■㎜㎜㎜  ㎜ ll旧■顎冒・■IIl團�mm【罫囁冒霊l|題岡|盾nlK

    眉養|圃●回養l|習新|即覆lll因II隔卵171蜀膠-川|耶飛・

    mmmMwm用‖F1111FI1911111凹瞭,

    は,群馬大学医学部薬剤耐性菌実験施設に依頼し施行

    したところ, phage l ,IIIの混合群(29/52/52A/79/

    80/42E/47/54/75/84)であった.

     病理組織所見:入院3日後に,下腿のニコルスキー

    現象陽性部より採取した.角層はほとんど剥離し,穎

    粒層は多くの部で1~3層程度を残し残存して認めら

    れた.有辣層には異常なく,真皮にも炎症性細胞浸潤

    等は認められなかった(図4).

    表1.初診時臨床検査所見

    血液検査

     WBC   5700

      Seg    68%

      Band    19%

      Ly     10%

      Mono    3%

     RBC  453×104

     Hb     13.9 mg/dl

     Ht     40.7%

     Plat  35.5×104/m�

    臨床化学検査

    TP

    ALB

    GLU

    BUN

    UA

    CRNN Z

      O

      ^

        C Q

     6.8 g/dl

     3.9 g/dl

    10.3 mg/dl

    20.2 mg/dl

     3.0 mg/dl

     1.3mEqμ

     141 mEq/l

     101 mEq//

     4.6mEq//

     0.3mg/dl

     T.T.T

     Z.T.T.

     CHO

     GOT

     GPT

     LDH

     ALP

    血清検査

    ぎ に ぽ

    0.7K.U.

    1.8 K.U.

    187 mg/dl

     25 Karmen

     17Karmen

    371 w.u

    5.3 K-A.U

    3+

    993 mg/dl

    145 mg/dl

     57mg/dl

    5.4 U/ml

    148 mg/dl

    細胞性免疫機能検査

    T-cell

    B-cell

    52%

    12%

    DNCB感作成立

     ッ反陽性

    尿検査一  異常なし

     経過:初診時ssssの他,薬剤性toxic epidermal

    necrolysis(TEN)を疑い,ケフラール(750mg/日)

    とともにペラメゾソを投与し,局所的にはケナコルト

    AG軟膏を塗布した.3日後には下腿を除き全身性に

    潮紅が生じ,顔面の潮紅,痴皮,廉爛も増加した.尚,

    下腿にもニコルスキー現象が生じていた.この時点で,

    帯状庖疹抗体価が128倍と上昇した.パラメソソの内服

    は2日目より中止した.その後5日目より全身の潮紅,

    湿潤性が減少し,著明な鱗屑が生じ,約1週間後に帯

    状庖疹部を除き,疲痕を残すことなく略治した.

              考  按

     Melish等の報告1)以来, ssssと薬剤性TENの鑑別

    診断には,黄色ブ菌が培養され,しかも培養された黄

    色ブ菌を新生仔ネズミに注射すると, ssss患者にみら

    れるような,広範囲な表皮の剥脱を生じることが必須

    の条件となっている.最近, Falk等2)は,臨床像,細

    菌培養の結果からssssと思われた症例が,皮膚の病理

    組織の所見から,薬剤性TENと診断された症例を報

    告し,臨床像,細菌培養,組織所見の3項目がssssの

    確定診断のために必須条件であると記載している.こ

    の組織所見の特徴は,表皮穎粒層での剥離の他,表皮・

    真皮に細胞浸潤等のさしたる変化が認められないこと

    と述べている.

     Falk等の報告2)によると,成人型ssssは現在まで17

    例が報告されている昿筆者らが詳細に調べた範囲で

  • I I W I I

    成人型ssssの1例

    図4 下腿より採取した組織像(H-E染色).角質,および穎粒層は消失するが,有無

     層,真皮には変化は認められない.

    は,前記の3条件のうち2つ以上をほぼ満足すると思

    われる症例は15例3)~17)を数えるのみであった.

     平山18)は,本邦での成人例に該当すると思われる報

    告は,2例みられるとしている.第1例19)は臨床的には

    合致するようであるが,組織学的には表皮中層の裂隙

    や,海綿状態を認めたり,真皮の深層に好酸球を認め

    る点で本症に合致せず,さらに細菌培養陰性であり

    ssssの確実例とは思われない.第2例は20)組織所見の

    記載がないため判然としないが,なによりニコルス

    キー現象が陰性であることより,やはり否定的であろ

Recommended

View more >